メルマガ&LINE@同時登録でプレゼント!

全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

2021年最新版!フリマサイトまとめ【閉鎖や使えないサイトに注意】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃんJr.o
【大ちゃん監修】大ちゃんJr.が書いた記事になります。基本的せどりスキルを学び、一人前のせどらーになる為に必要な情報を公開しています。
詳しいプロフィールはこちら

せどりでは、仕入れや販売にフリマサイトをよく使います。

しかし『フリマサイト』でGoogle検索すると、関係ないページが出てきたり、既に閉鎖されたフリマサイトが紹介されていたりと、非常に紛らわしいですね。

そこでこの記事では、以下を分類して解説します。

フリマサイトの分類
  1. 現在も使えるフリマサイト
  2. 閉鎖されたフリマサイト
  3. フリマではないサイト

使えるフリマサイトを把握して、せどりに活用してくださいね!

現役バリバリのフリマサイトを紹介!

現役バリバリのフリマサイトを紹介!

まずは、2021年3月8日現在も使えるフリマサイトを紹介します。

現役バリバリで使えるのが、以下の5つのサイトです。

現役バリバリのフリマサイト
  1. メルカリ
  2. ラクマ
  3. PayPayフリマ
  4. オタマート
  5. ショッピーズ

では、1つひとつ見ていきましょう。

(1)メルカリ

メルカリ
引用元:mercari.com/

→メルカリはこちら

2021年で創業6年を迎えるメルカリは、国内利用者数約1,300万人の、日本最大のフリマサイト(アプリ)です。

人気の秘密は、スマホひとつで取引が完了でき、出品手数料も購入手数料も無料という手軽さ。

商品が売れた時のみ、出品者側に販売価格の10%が手数料としてかかります。

スマホはもちろん、PCからも簡単に登録・利用できるので、せどりの仕入れや販売にもおすすめです。

(2)ラクマ(旧フリル)

ラクマ(旧フリル)
引用元:https://fril.jp/

→ラクマはこちら

ラクマ楽天が運営しているフリマサイト(アプリ)で、楽天IDをそのまま使えます。

前身がフリルなので出品者、購入者ともに女性会員が多いのが特徴。

購入に楽天ポイントを使用したり、売上金を楽天での買い物に使用したりすることができるのは、楽天ユーザーにとって大きなメリットだと言えるでしょう。

出品も購入も手数料無料で、商品が売れた時のみ出品者側に販売価格の6%が手数料としてかかります。

(3)PayPayフリマ

PayPayフリマ
引用元:https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/

→PayPayフリマはこちら

2017年10月にリリースされたPayPayフリマは、ヤフーが運営するフリマサイト(アプリ)です。

決済にPayPayを使うことで購入金額の1%がPayPayボーナスとして還元されるので、PayPayユーザーにとっては他のフリマよりもお得に利用できます。

また、ヤフオクで出品されている商品の閲覧や購入ができるのも、ヤフー運営のPayPayフリマならではのメリットですね。

(4)オタマート

オタマート
引用元:https://otamart.com/

→オタマートはこちら

2014年3月にリリースされたオタマートは、漫画やアニメ、ゲーム、アイドルグッズ等のオタク分野に特化したフリマサイト(アプリ)です。

アクセスは毎日10万人以上もあり、オタク分野においてはメルカリやヤフオクをはるかに上回る出品数を誇ります。

他では扱っていないレアな商品も、オタマートなら仕入れられるかも知れませんね。

出品や購入は無料ですが、商品が売れた時にはメルカリと同様、出品者側に販売価格の10%の手数料がかかります。

(5)ショッピーズ

ショッピーズ
引用元:https://shoppies.jp/

→ショッピーズはこちら

若い女性を中心に人気のショッピーズは、2006年4月創業、会員数約120万人、出品総数300万点越えのフリマサイト(アプリ)です。

人気ブランドや洋服、アクセサリー、靴、バッグ、香水など、人気のファッションアイテムが激安価格で販売されていることも。

登録や購入は無料ですが、商品が売れた時のみ出品者側に10%の手数料が必要になります。

すでに閉鎖されたフリマサイト

すでに閉鎖されたフリマサイト

グーグルで「フリマサイト」を検索すると、既に閉鎖されたフリマサイトを紹介しているページが数多く出てきます。

閉鎖されたフリマサイト
  1. フリル
  2. zozoフリマ
  3. モノキュン
  4. ブクマ

では、順に確認しましょう。

(1)フリル

フリルは2012年7月に創設されたフリマアプリ(サイト)ですが、2018年に旧ラクマを統合し、フリルからラクマへ名称が変更されました

Google検索すると、未だにフリルという名称で掲載しているサイトが見受けられますが、現在はラクマに名称が変わっているためご注意ください。

(2)ZOZOフリマ

ZOZOフリマは2015年12月にZOZOTOWNの運営で提供開始されましたが、2017年6月で閉鎖されました。

Google検索でフリマサイトを調べているとZOZOフリマについて紹介しているサイトがありますが、既に閉鎖されているため注意してくださいね。

(3)モノキュン

モノキュンは2016年9月に開始されたアニメやキャラクターグッズのフリマアプリですが、2018年6月に閉鎖しています。

Google検索では、モノキュンの使い方などのページがヒットしますが、閉鎖しているためご注意ください。

(4)ブクマ

ブクマは、2016年8月にリリースされた、本の売買に特化したフリマアプリ(サイト)ですが、2019年12月をもってサービスを終了しました。

Google検索すると、まだ運営を継続しているかのように書かれたページも見受けられますが、既に閉鎖されています。

【注意】フリマサイトではないサイト

【注意】フリマサイトではないサイト

次に、Google検索でヒットする、フリマではないサイトについて確認しましょう。

下はGoogleでフリマサイトと検索した結果ですが、全てフリマサイトでは無いサイトです。

【注意】フリマサイトではないサイト

2019年おすすめフリマアプリ 5選

フリマアプリの仕組みや、市場規模を解説し、2019年のおすすめフリマアプリを5つ紹介したもので、フリマサイトではありません。

ラクマなどのフリマサイト比較!

タイトルの通り、ラクマなどのフリマサイトで、どこで出品するのがお得なのか解説しているページで、フリマサイトではありません。

ラクマ(旧フリル)

グーグルプレイの、ラクマアプリダウンロードページです。

フリマサイトではありません。

メルカリ、ラクマ、オタマート。

フリマサイトの作り方やフリマサイトに必要な機能を解説したページで、フリマサイトではありません。

調べればまだまだ出てきますが、これらは全てフリマサイトではありません

検索の仕組み上仕方ないとはいえ、紛らわしいですね。

クリックして貴重な時間を奪われないよう、気をつけましょう

まとめ

スマホが1台あれば出品から売上管理までできるフリマサイト(アプリ)は、仕入れにも販売にも手軽に使えてとても重宝します。

しかし、検索時には既に閉鎖したフリマサイトが紹介されていたり、フリマサイトではないページがヒットしたりして、紛らわしいですね。

今回ご紹介した、2021年3月8日時点で使えるフリマサイトは、以下の通りです。

フリマサイトは5つだけ
  1. メルカリ
  2. ラクマ
  3. PayPayフリマ
  4. オタマート
  5. ショッピーズ

これら以外にも、小さなフリマサイトやマニアックなものを扱うフリマサイトは、まだまだあります。

しかしあまりたくさんのフリマサイトに登録するよりも、あなたのせどりスタイルや取扱商品にマッチしたサイトをいくつか登録しておけば十分だといえるでしょう。

既に閉鎖されたサイトやフリマではないサイトに惑わされないように注意してくださいね。

使えるオークションサイト
オークションサイトをせどりに活用したい人はこちらもご覧ください!

→2021年最新版!オークションサイトまとめ【閉鎖や使えないサイトに注意】

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

それでは、失礼します。

この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃんJr.o
【大ちゃん監修】大ちゃんJr.が書いた記事になります。基本的せどりスキルを学び、一人前のせどらーになる為に必要な情報を公開しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりの大ちゃん『せど活』ブログ , 2021 All Rights Reserved.