メルマガ&LINE@同時登録でプレゼントを手に入れよう!

全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

【無料で学べる!】モノレートマスター養成講座はこちら

クズ野郎!乞食!と言われながらもせどりで稼ぐ。社会の底辺で生きる転売ヤー撲滅記

大ちゃん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

世の中には、せどりや転売の事を『クズ』『乞食』呼ばわりする人もいます。

確かに、せどりをやっている人の一部に『クズ』や『乞食』のような人がいる事は認めます。

 

でも、『多くの人は普通の人』という認識を持つことは大切です。

 

高校野球の名門校では、不祥事で出場停止になる事もしばしばあります。

だからと言って、その高校の野球部全員が不祥事をしてるという事はありません。

ほぼ全員は、甲子園を目指して毎日全力で白球を追いかけているのです。

 

その中で、レギュラーになれなかった腹いせで不祥事を起こすクズがいるのです。

その人間のせいで、みんなが巻き添えを食らってしまうのです。

真面目に頑張っていた人は何一つ悪くないのに・・・

 

せどりも全く同じです。

多くの人は日々真面目にせどり活動をやっています。

せどり人口が増えれば増えるほど、どうしようもないクズが紛れ込んでしまうのです。

 

彼らは、なぜ乞食でクズのような事をやるのでしょうか?

先ずは、許すまじきクズの実態から見ていきましょう。

 

 

人間としてどうよ?クズ転売ヤー、乞食せどらーとは?どんな人?

世の中には、本当にクズとしか言いようがない人もいらっしゃいます。

モラルの欠如から始まり、犯罪に走る人達。

 

なぜ、そんな事をするのでしょうか?

先ずは、クズ転売ヤー、乞食せどらーのやってる事をお伝えします。

 

有名人の葬儀を『仕入れ』というクズ、乞食

せどりで稼ぐ王道手法は、『限定商品』を狙う事です。

限定商品といえば

  • 初回限定品
  • 数量限定品
  • 地域限定品
  • 来場者限定品

などなど、沢山の種類があります。

 

そして、『生産数が少なければ少ないほどプレミア化』する傾向があります。

ですので、超人気アーティストが売れなかった時代のCDとかがプレ値になったりします。

これとかもそうです。中古でも定価並みの価格です。

プレミアDVD

プレミア価格

 

みんなこういうせどりをしてたら良いんですが、中にはとんでもない物に目をつける人がいます。

それが、『人の死』です。

 

人気アーティストであればあるほど、亡くなった時の反響が大きいです。

葬儀があれば多くのファンは駆けつけますが、仕事などでどうしても葬儀に参列できない人もいらっしゃいます。

 

ファンであるがために、最期の記念品をどうしても手に入れたいと思うのです。

そんな人達に向けて、彼らは高額転売をします。

 

別に転売をして稼ぐ事自体は、僕は否定しません。

でも、葬儀に仕入れに行くという腐った考え方が許せないのです。

彼らは人の死すら、お金としか考えていないのです。

 

そういう腐った考え方の人がいるからこそ、世の転売のイメージが悪くなるのです。

 

値札を貼り替えるクズ、乞食

これは、立派な犯罪です。

 

せどりをしてたら、

「あと、300円安かったら仕入れられるのに!」っていう悔しい経験もあります。

だからこそ、学んでスキルを高めようとするのが普通です。

 

でも、世の中にはそんな普通の人ばかりではありません。

「くそっ!値札シール貼り替えてやる!どうせバレないだろ」って犯罪者も存在します。

 

僕は直接見た事はないんですが、そのような話を聞いた事があります。

どういう思考回路をすれば、このような事が出来るかは謎ですが、正真正銘のクズだと思います。

 

万引きして転売するクズ、乞食

これ、ニュースで良く聞きますよね。

「〇〇を万引き、転売目的か?」みたいな感じです。

 

万引きして転売するような乞食がいるから、健全にビジネスをしている人のイメージも悪くなってしまいます。

 

そもそも、転売とは『買ったものを他の人に売る行為』を言います。

万引きした商品を誰かに売る行為は、そもそも転売では無いのです。

この考えは非常に重要ですので、そりゃ無いぜ!悪役の定義が転売だって?それってただの犯罪ですよ?で詳しく解説させて頂いています。

 

一部の犯罪者の影響で、そんなネガティブなイメージを植え付けてしまっているのも事実です。

犯罪行為でお金を稼ぐのは、正直辞めていただきたいと思います。

 

確定申告をせずに、脱税するクズ、乞食

「確定申告はバレないから、やらなくて大丈夫だよ。」

っていう犯罪者も、この業界には存在しています。

 

お金を稼いだら、確定申告をして税金を払うのは国民の義務です。

もちろん、節税をして支払う税金を安く抑える事は重要ですが、脱税は絶対にダメです。

【超重要】税務署に狙われる転売せどり・・・確定申告の罠に書いているような事になりますよ。。。

 

人の道を踏み外し、外道となる人の特徴

生まれた時から極悪人は絶対にいません。

みんな、人生のどこかで足を踏み外してしまうのです。

 

んで、踏み外す原因の多くは『お金』について。

 

何を隠そう、僕もお金の影響で足を踏み外しようになった人間の一人なのです。

 

調子に乗って独立した時、毎日が不安でどうしようもありませんでした。

日に何度も脳みそが締め付けられる感覚に襲われ、急に死にたくなりました。

今思えば、うつ病だったのかもしれません。

 

メルマガを書くためにパソコンに向かうも、正常に物事を考える事が出来ないのです。

支払い義務がある国民年金も、お金を失う恐怖で何度支払いを滞納した事だろうか。

 

我を失った僕は、『メルマガ読者さんからお金を巻き上げてやろう』と企んでしまいました。

それまでは、どうやって価値を提供しようと頭を働かせた人間が、奪う側に回ってしまったのです。

お金を失う恐怖で、完全に自分を見失っていました。

 

その後は、失った信用を取り戻すために、また一生懸命価値を提供する事に努力しました。

その甲斐あって、以前よりも圧倒的に収入が高くなったのですが、お金は人生を狂わす事を体感した瞬間でした。

 

お金は魔物という人もいますが、本当に人間の性格をも変えてしまいます。

正しく使えば、非常にありがたいものですが、使い方を間違えたら悲劇を生みます。

 

お金に困った時、人は普段しない行動を取ってしまいます。

何が何でも生きるためにお金が必要と思った時、弱い人は犯罪を犯してしまうかもしれません。

 

経済的ゆとりは、抑止力につながる

僕たちは外道にならないためにも、常に経済的に無理のない状況を築き上げる必要があるのです。

そう、自分の収入の範囲内で生活するのです。

 

お金に困って無ければ、非道徳な事を行う必要がありません。

犯罪に走る必要性すらなくなってきます。

 

無理して独立したり、見栄でお金を使ってたりすると、必ずお金に困る状態になります。

そういう状態から這い上がって成功した人も沢山いらっしゃいますので、一概にそれがダメだと決めつける事は出来ません。

 

でも、お金に困った時に外道に走るか這い上がるかなんて、なってみないと分かりません。

無理にそんな状態を作り上げて苦労しなくても、コツコツ少しずつ人生を変えていけば良いのです。

 

一発逆転を夢見て大失敗するよりも、時間を味方につけて少しずつ人生を変える方が圧倒的に賢い選択です。

人生は一発逆転を目指さないといけないほど、短くありません。

 

宝くじのように一気に大金を引き寄せた人は、身を滅ぼす運命にあるのです。

逆に、コツコツ資産を築き上げる人は、死ぬまでお金に困らない状態を手に入れる事が可能です。

 

経済的に困っていない状態を作り上げておく事は大切だという事です。

 

真面目にやってる人が馬鹿を見ない世の中へ

せどらーの大半が、真面目にせどりに打ち込んでいます。

ルール違反もしないし、犯罪もしない。道徳心と良心を持ってせどりをしています。

 

でも、一部の犯罪者や非道徳な人間の影響で、業界全部が悪いようにみられてしまいます。

 

コップ一杯のミネラルウォーターに、テトロドトキシン(フグ毒)を一滴垂らすとどうなるでしょうか?

飲料水から、猛毒へと姿を変えてしまうのです。

 

クズと呼ばれる人間のせいで、この業界が毒化してしまうと思うと非常に残念です。

犯罪者や非道徳な人が消滅する事を切に願っています。

 

僕のブログをご覧のあなたには、正しい道を突き進む事を信じています。

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

それでは、失礼します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりの大ちゃんの『せど活』 , 2018 All Rights Reserved.