全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

せどり(転売)を英語で言うと?英語力がゼロでも海外輸出(輸入)で稼ぐ事が可能

    
\ この記事を共有 /
せどり(転売)を英語で言うと?英語力がゼロでも海外輸出(輸入)で稼ぐ事が...

せどりって英語でなんて言うんだろう?やっぱり海外転売するなら英語が話せた方が有利なのかなぁ?

ゆうくん

輸入転売や海外輸出を始める際には、英語力がない自分は無理だと考える人も多いともいます。

僕自身も、過去に中国輸入で稼いでいましたが、始める前は中国語が分からない自分には絶対に不可能だと思っていました。

でも、実践してみたら中国語の学力なんてゼロでも問答無用で稼げてしまうから不思議でした。

今回は、せどりは英語で何という?という基本的な事から、英語力無しでも輸入転売や海外輸出を実践するための方法をご紹介させて頂きます。

英語でせどり(転売)はなんと言う?

英語で交流する人以外は、知っても意味がないかもしれません。

ただ、せどりを英語でなんというか気になっている人もいると思いますので掲載させて頂きます。

せどりという意味の英語
  • broker:仲介する、仲介者
  • book scout:せどり業者
  • product sales:物販セールス
  • sales activity:販売活動
  • Retail Arbitrage:小売鞘取り売買
  • resale:再販

    調査結果では、Retail Arbitrage(小売鞘取り売買)が日本版のせどりと最も近い印象です。

    ただ、会話する外国人の方によって捉え方が違うと思いますが、僕は海外の人と英語で話せる言語力が無いので、何が通じるか良くわかりません。

    知識として全部持っておき、通じるまで意思疎通をする事が大切です。

    海外せどらーの情報を仕入れても全く意味がない理由

    輸入転売や海外輸出をする場合に、海外せどらーの情報を参考にする人が稀にいますが全く意味がありません。

    輸入転売、海外輸出の両方からみて、その理由を解説します。

    海外輸出の海外情報は意味がない理由

    例えばアメリカせどらーの場合は、『アメリカの商品』を『アメリカで販売』します。

    アメリカで人気商品は分かるかもしれませんが、分かったところで僕らは仕入れる事ができません。

    日本で仕入れた商品をアメリカに輸出するため、海外の情報には全くと言って良いほど価値がありません。

    輸入転売の海外情報は意味がない理由

    アメリカの商品を輸入転売する場合は、『アメリカの商品』を『日本で販売』します。

    そうすると、アメリカせどらーの情報は一見価値があるように思われます。ただ、アメリカで人気な商品が必ず日本でも人気かという事は分かりません。

    販売しようと思っても売れない商品も多々ありますので、ギャンブルせどりになって赤字リスクが発生してしまいます。

    海外情報よりは、国内で売れているアメリカの商品を探す方が圧倒的に確実性が高いです。

    クラウドファンディングなども意味がない

    海外の人気商品をいち早く日本に持ってきて販売するのが、クラウドファンディングです。誰よりも先に日本で販売する場合は、やはり海外から情報を持ってくる必要があります。

    海外で人気商品を探すために、海外せどらーから情報を持ってくるのは一定の効果があります。

    ただ、せどらーのブログを読むよりも、ニュースや商品紹介などの記事の方が参考になるため、海外せどらーのブログを知った所で役に立つことは少ないです。

    英語力ゼロでも輸入転売や海外輸出を実践する方法

    海外輸入や輸入転売で稼いでいる全ての人が英語力が堪能かと言えば全くそうではありません。

    むしろ、英会話ができない人が多いです。それなのに、なぜ日本を離れてビジネスをする事ができるのでしょうか?

    答えは簡単です。

    翻訳ツールを使えば、海外情報も90%は理解する事が可能になります。文字情報を100%理解せずとも、商品画像を比較すれば、該当商品化否かがよく分かりますよね。

    基本的には画像と商品説明が分かれば、日本の商品と比較する事が可能になりますよね。

    詳しい転売方法はここでは割愛しますが、英語力が無くても全く関係ないことが分かると思います。

    せどりの英語力を爆発的に高める翻訳ソフトの使い方

    翻訳ソフトも、沢山ありますので何を使えば良いのか悩む人も多いです。

    そこで、僕のおすすめの翻訳ソフトと、意味不明な翻訳が出た時の対処法を解説させて頂きます。

    手軽に使いたいなら右クリック翻訳

    先ず一番簡単で僕が多用しているのが、右クリック翻訳です。

    Google Chromeで英語サイトを検索した後に、右クリックを押せば『日本語に翻訳』というのが表示されます。

    クリックしたら表示された英文が日本語表記に変わります。多少翻訳が荒い気がしますが、めちゃくちゃ便利ですので、非常におすすめです。

    精度重視ならDeepL翻訳

    DeepL翻訳は世界一高精度な翻訳ツールと言われています。

    そのため、右クリック翻訳では意味不明な場合でも日本語として理解できる事も多いです。

    →DeepL翻訳:世界一高精度な翻訳ツールはこちら

    正直、右クリック翻訳とDeepL翻訳を組み合わせれば、ほぼ理解する事が可能になります。

    意味不明な翻訳結果なら複数の翻訳ツールを活用

    右クリック翻訳とDeepL翻訳で万事解決ですが、稀に日本語として意味が分からない時があります。

    そんな時は、片っ端から翻訳ツールを引っ張って翻訳するようにしましょう。

    下手な鉄砲数うちゃ当たると言われるように、色々な翻訳結果から内容が分かってきたりします。

    まとめ

    英語が全く分からなくても、海外輸出も輸入転売も普通に出来ます。

    そう言えるもの、高精度な翻訳ツールがあるからなんですね。英語が話せないのは、諦める理由にはなりません。

    ただ、国内転売に比べたら、『翻訳』というひと手間が入るし、海外相手なんで参入障壁は若干高かったりします。

    せどりのステップアップとしての海外進出はおすすめですが、初めての転売の場合は国内転売からスタートするのがおすすめです。

    最後までご覧頂きましてありがとうございます。

    それでは失礼します。

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright©せどりの大ちゃん『せど活』ブログ,2021All Rights Reserved.