メルマガ&LINE@同時登録でプレゼントを手に入れよう!

全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

【無料で学べる!】モノレートマスター養成講座はこちら

風邪を1日で治す方法。ウイルス軍団をタコ殴りにして健康体を取り戻す3つの極意

大ちゃん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

季節の変わり目・・・

なんと大風邪を引いてしまいました!

 

僕の風邪は、喉からきます。

そして鼻水&痰が出てくるけど、何故か熱は全然でないです。

だから究極に治りが遅いです。

 

風邪薬を飲んでも平気で3〜4日は引きずってしまいます。

薬を飲まなかったら、1週間以上は風邪の引きっぱなし。

 

そんな僕がとった非常識な行動。

その行動のおかげで、1日にして風邪が治ってしまったのです!

その究極の方法をご紹介しようと思います。

 

 

急ぐ人はこれを見て即実践!風邪を1日で治す3つの方法

今からご説明する3つの方法を実践する事によって、僕の風邪が1日で治りました。

全ての人に効果があるかは分かりません。

また、一般的に非常識な方法ですので信じるか信じないかはあなた次第です。

 

ただ、風邪薬を飲みながら1週間苦しんでいた友達も、この方法を試した翌日に風邪が治ったようです。

僕らが1日で風邪を治した時に実践した3つの方法を解説します。

 

1.食ったら負け!全てのエネルギーをウイルス撃退へ捧げる

風邪を引いたら、栄養を取るために何か食べるのが良いと言われています。

これが最悪なのです。

 

僕ら人間は不器用な生き物です。

楽しみながら悲しむことは出来ないし、精密作業をしながら誰かと会話をする事も出来ません。

自然とどちらか優勢な一方に意識が集中してしまう事でしょう。

 

風邪を治す時も全く同じです。

100%のエネルギーをウイルス撃退に捧げれば良いのですが、食べる事によってそれが出来なくなります。

 

僕たち人間は、『消化と吸収』に最も多くのエネルギーを使ってしまうのです。

食後は、エネルギーの60%以上を最優先で『消化と吸収』に使われるとも言われています。

 

たとえあなたが『私の戦闘力は53万ですよ』と自負していても、MAXでも40%の21万分の戦闘力しか出せないのです。

そうすれば、倒せる敵も倒せません。

 

食べれば、エネルギーは消化と吸収に最優先で使われ、ウイルス撃退は二の次になってしまうのです。

 

食べなければ1日で風邪が治るかといえば、そうとは限りません。

あの手この手を駆使して1日で風邪を治す確率を100%に近付けることが大切です。

 

ここで戦闘力を劇的に上げる2つの方法があります。

 

ビタミンCで栄養補給

ビタミンCは風邪のひき始めに効果的だと言われています。

通常は、体内にウイルスが侵入すると白血球がウイルスを食べて撃退します。

ビタミンCを摂取する事で、免疫細胞を活性化し白血球の働きをサポートしてくれるのです。

 

その結果、治るまでの期間が短くなるといわれています。

 

ビタミンCは大量に摂取しても尿として排出されますので、一回に3粒摂取するよりも1粒を3回摂取する方が効果的です。

ビタミンCの錠剤は常備しておくと良いと思います。

我が家には、ネイチャーメイドのビタミンCが常備されています。

 

水分補給でウイルスを垂れ流せ!

風邪の時は、入れるよりも出す方に注力するのが良いと思います。

栄養を摂取するよりもウイルスを排出するのに力を入れるのです。

 

つまり、しっかりと水分補給をして尿として毒素を体外へ排出するのです。

人間の体は、60%が水分だと言われています。

新しい綺麗な水を摂取する事で、体の美化にも繋がるという事です。

 

水分もビタミンCと一緒で少量をこまめに摂る事をお勧めします。

 

2.アソコを温めて戦闘力を5倍にする

冗談のように聞こえるかもしれませんが、これはマジレスです。

実は、ウイルスはアソコから侵入してしまうのです。

ですので、アソコをしっかりと温めておく事で抵抗力が高まり、ウイルスを撃退することが可能です。

 

そう、喉と首周りを温めるのです!

貼るカイロ3枚貼りがオススメです。

ホッカイロ3枚貼り

胸と背中は、服の上から貼ります。

首には直接貼らずに首にタオルを巻いた後にカイロを貼るようにしましょう。

 

体温が1度上昇すれば、免疫力が5倍になると言われています。

『風邪=上気道炎』です。つまり、上気道(鼻〜喉)の炎症の事を風邪というのです。

 

ウイルスの侵入口である喉〜首回りを温めておくことによって、侵入と同時に撃退する作戦です。

また首回りには、免疫系のシステムが集中しています。

集中した免疫システムを温めておくことは非常に効果的だという事ですね!

 

ちなみに、カイロは寝て起きたら99%の確率で外れています。

インナーにカイロを貼って、トレーナーなどを着て寝るとカイロがサンドイッチ状になり剥がれにくいのでオススメです。

また、トレーナーを着ることで体も温まるので効果2倍です。

 

3.8時間以上の睡眠で戦闘力を更に5倍にする

先にもお話ししたように、風邪を治すためには100%のエネルギーをウイルス撃退に注がなくてはいけません。

起きていたら、刺激がいっぱいです。無意識のうちに五感の全てでビシビシと刺激を受け取ってしまいます。

もちろん、頭を使っても体を使ってもエネルギーを使います。

 

ウイルス撃退をメインとして考えれば、これらはエネルギーの浪費です。

この浪費を避けるために『寝る』のです。

 

寝れば、外部からの刺激が減るのでエネルギーの節約になります。

と同時に、寝ることによってエネルギーが回復するのです。

 

フルパワーでウイルスをタコ殴りにしつつ、エネルギーが回復するのです。

戦においてこれほど素晴らしい事はありません。

 

ちなみに、8時間以上の睡眠で免疫力は5倍になると言われています。

8時間眠ると、寝る前の体のだるさが一瞬で消えてました。

人間の体、恐るべし・・・

 

世紀末の勘違い?!風邪薬では風邪は治らない!!

風邪を引いた時には、風邪薬を飲むのが良いと言われています。

しかし、『風邪薬は症状を緩和させるためで、残念ながらウイルスを倒すための薬はありません』

 

「いやいやいや!そんな事ない!抗生物質があるでしょ!!」

と、即座にカウンターパンチを僕に向けて浴びせようと思ったかもしれません。

 

『抗生物質=細菌を殺すもの』です。

風邪はウイルスですので、抗生物質は全く効果がありません。

 

抗生物質を出すのは、あくまでも弱った体に細菌が入るのを防ぐためです。

つまり、直接ウイルスを倒すのは、『体の免疫』によるものなのです。

 

風邪薬の目的は、症状を緩和させて免疫力をあげる手助けをする程度です。

つまり、サポーター的な位置付けです。

 

サポーターでも十分と思うかもしれません。

しかし、毎回サポートして貰ってたら、免疫細胞もサポートを期待してしまいます。

つまり、風邪薬の多様によって自らの免疫力が弱くなってしまう可能性があるのです。

 

風邪で薬を処方された時には、病院の先生に聞いてみるのも良いでしょう!

病院の先生ならこの事実を知らないはずがありません。

 

理解出来れば100倍治りが早い!動画でしっかりと理解を深めよう!

僕は、自分の風邪を早く治すために、あれこれ調べまくりました。

そして見つけた『風邪を1日で治す3つの方法』を実践する事で本当に翌朝にスッキリ快調になってしまったのです。

この方法を友人にも紹介したら、その友人も一夜で快調になっていたようです。

 

この記事を書くにあたって、最も参考にした2つの動画をご紹介します。

 

 

しっかりと動画をみて、理解を深めたのちに実践するとより効果的です。

 

【注意事項】無理は絶対に辞めましょう!

今回ご紹介した方法は、世間一般から見れば非常識な内容かもしれません。

でも、僕らはその非常識な内容で1日で風邪が治ってしまったのです。

 

僕は、この方法を推奨しますし、風邪を引いた毎にこの記事を見返していこうと思っています。

 

ただ、無理は絶対にやってはいけないと思っています。

生死の極限状態になるまで断食をする必要はないですし、風邪薬が絶対にダメという事でもありません。

40度の高熱で苦しむようなら解熱剤も必要だと思います。

 

あなたの体に合わせて無理のない範囲で柔軟に取り入れて頂けたらと思います。

 

風邪を引いたら苦しいですよね。

出来るだけ短時間で絶好調に戻るように、この方法をお役立て頂けたらと思います。

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です