メルマガ&LINE@同時登録でプレゼント!

全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

電脳せどりで新品を扱う場合「古物商許可」がないと違法!?マジ逮捕されるんですか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【大ちゃん監修】大ちゃんJr.が書いた記事になります。基本的せどりスキルを学び、一人前のせどらーになる為に必要な情報を公開しています。
詳しいプロフィールはこちら

電脳せどりで新品を扱いたいけど、古物商許可が必要なのかなぁ。

もしそうだったら、古物商許可を持たずに電脳せどりをしたら違法になるから危険だよなぁ。

悩めるゆうくん

電脳せどりを実践して人生を大きく変えたいと思っても、法を犯してしまっては転落の人生になってしまうかもしれません。

あなたも、そんな不安を持って、このページを開かれたのではないでしょうか。

でも安心して下さい。僕がいう通りに実践して頂ければ法を犯す事なく電脳せどりで稼げるようになります。

非常に大切な部分ですので、納得して電脳せどりに挑戦して頂けるように順を追って解説させて頂きます。

電脳せどりで新品を扱う場合「古物商許可」は必要?

電脳せどりで新品を扱う場合「古物商許可」は必要?

結論から言うと、電脳せどりで新品を扱う場合、古物商許可は必要ありません

古物商許可を持っていなくても違法にならないので、安心してください。

ただし、電脳せどりであっても古物商許可が必要な場合もありますので、そこだけは抑えておく必要があります。

次の章では、電脳せどりで古物商許可が必要なのはどんな場合なのか、お話ししましょう。

電脳せどりで古物商許可が必要なのはどんな場合?

電脳せどりで古物商許可が必要なのはどんな場合?

電脳せどりで古物商許可が必要になるのは、中古品(=古物)を扱う場合になります。

中古品を扱う場合は、古物営業法によって古物商許可証の取得が義務付けられているからです。

もちろんこれは電脳せどりに限ったことではありません。

ネットで仕入れたのか実店舗で仕入れのかに関わらず、中古品の転売には古物商許可が必要です。

ただし、1つだけ注意点があります。

法律上の新品・中古品の定義は、世間一般的に思われている解釈とは少し違うのです。

一般的には「未開封・未使用であれば新品」と呼びますが、法律上は「1度でも一般消費者の手に渡った物は中古品(=古物)」とみなされます。

メルカリやヤフオクで一般消費者から購入した商品は法的には全て中古品なので、転売するには古物商許可証が必要なのです。

法律上の新品と中古品

新品と中古品の法律上の定義についてはこちらでも詳しく解説しています。

→古物営業法の『新品』の定義とは?

違法行為をせずに正々堂々と電脳せどりをするために古物営業法について学んでおこう

違法行為をせずに正々堂々と電脳せどりをするために古物営業法について学んでおこう

この機会に古物営業法について学んでおきましょう。

「新品しか扱わないので古物営業法は関係ない」という方もいるかも知れませんが、この先中古品を扱う可能性が無いとも限りません

そんな時のために、古物営業法についての知識を持っておくことはプラスになると言えます。

古物営業法とは

簡単な古物営業法の解釈

例えば、家電量販店で新品プリンターを購入したとすれば、偽物や盗品を掴まされる事はありません。

でも、プリンターが古物(中古や個人から仕入れたもの)であれば、正規品を証明する事が出来ないので偽物や盗品を掴まされる可能性がゼロではありません。

だから、犯罪などの被害を防ぐためにも古物を扱う場合は免許が必要だよ。という法律です。

ちなみに、古物営業法の目的は、盗難品の市場への流出を防止することにあります。

中古品は盗難品である可能性が考えられるため、販売者を明らかにすることで、盗難被害を防いでいるのです。

しかし、新品は一度も消費者の手に渡っていないため、盗難品を掴む可能性はないと言えますね。

新品の転売に古物商許可が必要ないのはそういう理由からです。

古物営業法ってどんな法律?

古物営業法については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

→古物営業法って、どのような法律?

電脳せどりで新品を扱っていて違法になるケースもある?

電脳せどりで新品を扱っていて違法になるケースもある?

電脳せどりで新品を扱う場合でも、違法になるケースはあるのでしょうか?

電脳せどりでも、法律に違反するものを扱えば、違法になります。

「当たり前でしょ」と思われるかもしれませんが、意外な物が法律違反になっている場合もあるので注意が必要です。

この機会にきっちり抑えておきましょう。

取扱禁止!
  • 盗品
  • 刃物
  • 爆発物
  • 銃火器
  • 危険食品(フグなど)
  • 携帯電話(契約中のもの)
  • ワシントン条約に抵触する剥製や象牙など

以上の物を扱うと違法になるため、厳重に注意してください。

まとめ

せどりとは、商品を仕入れて販売するだけの非常にシンプルなビジネスです。

しかし誰でも参入しやすいビジネスであるだけに、法的なことを軽く見過ごさないように注意が必要ですね。

今回の結論は最初にお話しした通り、電脳せどりでの新品の転売に、古物商許可は不要です。

法律で禁じられている物は決して扱わないように注意しながら、健全な売買を行っていきましょう。

あなたに、合法的に電脳せどりで稼ぐスキルをご提供するために、電脳せどり最強マニュアルを作成しました。

→電脳せどり仕入れのコツや仕入れ先開拓のやり方を極めて人生を変える方法

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

それでは失礼します。

大ちゃん

この記事を書いている人 - WRITER -
【大ちゃん監修】大ちゃんJr.が書いた記事になります。基本的せどりスキルを学び、一人前のせどらーになる為に必要な情報を公開しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりの大ちゃん『せど活』ブログ , 2021 All Rights Reserved.