メルマガ&LINE@同時登録でプレゼントを手に入れよう!

全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

【無料で学べる!】モノレートマスター養成講座はこちら

生涯収入2億円に騙されないで!サラリーマンの驚きのお財布事情とは・・・

大ちゃん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

サラリーマンの生涯収入は下がり続け、ついには2億円時代に突入しました。

高卒で就職し60歳の定年まで42年間を一生懸命働いて得られる収入は、たったの2億円です。

しかしながら、2億円という大きな数字を聞けば素晴らしい大金だと思うことでしょう。

 

そして、2億円を基準に生活設計を考えるかもしれません。

2億円もあれば、あれも出来る、これも出来る・・・夢が膨らみます。

しかし、それ自体が大きな落とし穴だったのです。

 

多くの人が騙されている2億円詐欺の実態について一緒に見ていきましょう!

 

 

生涯収入2億円の嘘

僕は、2億円を基準に将来設計を考えた事があります。

『2億円−生涯食費−生涯家賃−子供に必要なお金−・・・』

 

あなたは、生涯働けば2億円の収入が手に入ると考えていませんか?

 

2億円を単純に42年間で割ってみます。

そうすれば、平均年収470万円です。結構良い金額です。

 

ここで、1つ落とし穴があります。

『平均的な生涯収入2億円』

 

つまり、都会と田舎で収入は大きく違ってきますし働く会社によっても収入は大きく変わります。

この時点で、田舎で働いている人と中小企業で働いている人は2億円以下だという事になります。

 

地方別の収入比較をしていきましょう!

  • 1位:東京都 約37万円
  • 47位:宮崎県 約23万円

 

つまり、都会と地方で年間168万円もの収入差があるのです。

このように考えれば、地方の平均年収は400万円を切ってきます。

 

さらに見ていけば、大企業と中小企業の収入差です。

こちらは、約300万円の開きがあります。

 

これを考えてみれば、地方の中小企業に勤めている人の年収は350万円が良いところです。

 

ここで、平均収入350万円で42年間一生懸命働いた時の生涯収入は・・・

350万円×42年=1億4700万円です。

 

勝ち組サラリーマンの生涯年収は2億円を軽く超えます。

しかし、負け組みサラリーマンの生涯年収はこの程度なのです。

 

実は、これから税金が発生します

生涯収入と一般に言われているものは、税引き前の金額です。

つまり、ここから税金が発生します。

 

仮に、生涯収入2億円、平均年収470万円で算出してみます。

配偶者あり、子供2人の場合は、約390万円が手取りになります。

 

つまり、生涯手取り収入は、

390×42=1億6380万円というお寒い結果に・・・

 

仮に地方の中小企業で生涯収入が1億5000万円だとすれば、

生涯手取り収入は、1億2600万円と大幅に下がってしまいます。

 

2億円とぬか喜びをしてても、実際に手に入る収入はこの程度なのです。

 

必要経費を算出していきましょう!

僕たちサラリーマンが手に入れる事が出来る収入が分かりました。

この収入は高待遇の会社に転職するか副業で稼ぐかをしない限り変わりません。

 

では、生きていく為に必要なお金を算出していきましょう!

 

分かりやすいように月々の経費を算出します。

※子供2人の場合

  • 家賃:6万円
  • 水光熱:2万円
  • 通信費:2万円
  • ガソリン代:1万円
  • 食費:6万円
  • 生命保険:1万円
  • お小遣い:2万円(4人分)
  • 衣類:1万円
  • その他:2万円
  • 貯蓄:1万円

 

金額を見て頂ければ、結構ギリギリを攻めている事が分かります。

全部合わせた毎月の必要経費が24万円、年間288万円になります。

 

これに加え、車検と重量税、任意保険が加わります。

そうすれば、普通に生きるためだけに年間300万円以上が消えていきます。

 

更に、子供の教育費や老後の蓄えも考えなければいけません。

更には、冠婚葬祭でも結構な金額を使います。

 

意外に寂しいサラリーマンのお財布事情

計算すれば計算するほど、お財布事情が寂しくなります。

生きるための最低限の支出で年間300万円です。

これを42年間で計算すれば1億2600万円となります。

 

この時点で地方の中小企業の生涯手取り収入と並びます。

 

しかし、ここから子供の教育費や冠婚葬祭などの経費が発生します。

子供を大学まで行かせようとすれば、オール公立でも1000万円です。

子供2人なら2000万円が必要になってきます。

 

そう考えれば、生涯支出は1億4600万円となります。

この時点で平均年収400万円の家庭はバッターアウトです!

 

更に、老後の貯蓄などを考えれば嫌になってきます。

これが現代サラリーマンの実情なのです。

 

引き算貧乏、足し算裕福

このように、生涯収入が決まっており、そこから引き算をしようとするとテンションが下がります。

どこをどう節約して、引き幅を下げるかという事に意識がフォーカスします。

  • 作った方が安いから外食を控えよう
  • 遊びに行ったらお金がかかるから家で過ごそう
  • お金がかかるから、誕生日祝いは子供だけにしよう
  • 車も家もなるべく安く
  • オシャレよりも価格重視の服

別に、悪いことでは無いと思います。

 

でも、節約する事によって自由度が大きく減っていきます。

 

そうではなく、収入を増やす事にフォーカスする事が大切です。

今の給料よりも5万円上がれば年間60万円のお金が増えます。

そうすれば、あと20年働くと考えても1200万円も使えるお金が増えるのです。

  • 今の給料よりも10万円上がれば2400万円、
  • 今の給料よりも20万円上がれば4800万円、
  • 今の給料よりも30万円上がれば7200万円です。

 

こうすれば、引き算をするよりも可能性が大きく広がります。

決まった収入から引き算をするのではなく、決まった収入から足し算をする。

そうすれば、気持ちも楽になります。

 

僕もお金に関する苦悩の人生を歩みました。

だからこそ、足し算をしてお金に悩まされない人生を送る事の重要性は痛いほど分かります。

 

単純な算数ですが、これをどう捉えるかで未来が大きく変わってくるのです。

 

生涯収入に足し算を導入して優雅な人生へ

生涯収入を足し算するためには、自分のビジネスを持つ事が重要です。

 

自分のビジネスと聞くと、独立起業という言葉が頭を過ぎると思います。

別に独立起業する必要はありません。副業のままでも十分です。

 

ちなみに、独立起業に失敗して夢を叶えた変態もいます(笑)

→独立起業に失敗した結果、年収が4000万円になった男の物語

 

副業であれ、自由な人生を手に入れる事が可能なのです。

先ずは月5万円の副収入を手に入れる事から始めてみませんか?

 

本業一筋って言ったらカッコいいかもしれませんが、収入は限りなく低いしリスクも高いです。

変化の激しい今の時代は、大企業でさえ大規模リストラを行なっています。

 

リストラ対象にならない保証なんてどこにもありません。

天変地異が起きても優雅な暮らしを送るためにも、給料以外での収入の柱を持っておく事は大切です。

 

あなたには望む未来がありますか?

あなたの大切な人は幸せでいつも笑っていますか?

 

大切なものを守るためにも、お金を稼ぐスキルを身につけていきましょう!

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

それでは、失礼します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です