【せどり実践講座VIP】

 







   

時給1000円vs年収1000万円。スカウトマンに隠された光と陰

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

一発一億円の大社長から聞いた実話です。

※こちらの大社長のお話は、別の機会にさせて頂きます。

 

僕らとは次元の違う大成功者から、面白い話を聞きましたのでシェアしますね!

こちらの話は、あなたの人生で非常に重要な話になります。

高所得者だけが知る秘密を手に入れることが出来るでしょう!

 

 

マジですか?時給1000円も年収1000万円も仕事内容は全く同じ

ここで言うスカウトマンと言う仕事は、キャバクラのスカウトマンです。

※僕は、この業界に全く詳しく無いので、全て一発一億の大社長から聞いた話になります。

 

スカウトマンの仕事内容は、お店で働きたい女の子を紹介する事です。

キャバクラ業界は、女の子の引き抜きも結構多かったり、職を転々とする子が多かったりで女の子の定着率が非常に悪いそうです。

つまり、お店側が常に女の子を必要としている状態なのです。

 

女の子補充のためにスカウトマンを雇います。

スカウトマンは、知り合いの女の子を連れて来ても良いですし、街で声をかけても良いそうです。

 

当然、スカウトマンもお給料を貰ってる以上は仕事が拘束されます。

決められた時間があれば、一生懸命働いて給料を貰うのです。

 

ただ、スカウトマンの給与規定や労働規定は、お店ごとに全く異なります。

つまり、お店が変われば条件が180度変わるという事です。

 

ここからがとても面白い話です。

 

高収入と低所得の違いをもたらす違いとは?

「えっ?時給1000円と年収1000万円ですか??」

 

僕は、とっさにこの言葉を口に発していました。

しかも、不思議なことに、時給1000円よりも年収1000万円の方が労働時間が遥かに短かったのです。

 

 

時給1000円の人の年収は、

1時間1000円×1日8時間×300日=240万円(2400時間)です。

つまり、2400時間の労働の対価が240万円なのです。

 

では、年収1000万円の人はどうでしょうか?

彼は、年間労働日数が30日程度(240時間)で1000万円稼ぐのです。

 

  • 2400時間で年収240万円(時給1000円)
  • 240時間で年収1000万円(時給4万円)

 

この2人が運命を分けた驚きの給与体系システムとは?

片や時給1000円。片や時給4万円。

同じ仕事をやっても得られる給料は大きく違うのです。

これには、知られざる給与体系システムの秘密があったのです。

 

時給1000円の給与体系システムとは

時給1000円のアルバイトの仕事は、時間の切り売りです。

成果よりも、仕事時間が優先されるのです。

頑張っても時給1000円。頑張らなくても時給1000円です。

 

サボった方が得かと言えばそうかもしれませんが、お店に1人の女の子も紹介出来なければ、そのうちクビになるというシステムです。

 

年収1000万円の給与体系システムとは

年収1000万円は、普通の仕事では手に入れる事が出来ません。

年収1000万円を稼げるのは、給与所得者のトップ4%と言われています。

 

それだけの収入を手に入れるのは、どんな腕利きスカウトマンなのでしょうか?

結論からお話しすると、普通のスカウトマンです。

 

彼は、時間ではなく、成果に応じて報酬を受け取っているのです。

成果といっても、女の子1人あたりの紹介報酬ではありません。

『女の子1人あたりの売上の10%』をマージンとしてお店から頂いているのです。

 

紹介した女の子が月に100万円を売り上げれば、10%の10万円が月収です。

紹介した10人の女の子が合計1000万円売り上げれば、10%の100万円が月収です。

 

つまり、女の子がその仕事を辞めないで働き続ける限りは永遠に、彼の元にチャリンチャリンと収入が入り続けるのです。

女の子が辞めた時のみ、彼は働くのです。

次に働く女の子が決まった瞬間に、彼は無職の年収1000万円となるのです。

 

この話を聞いて、

「スカウトマンすげー!!」ってなると思います。

僕も、この話を聞いて感激しました。

 

と同時に、こう考えたのでは無いでしょうか?

 

スカウトマンに年間1000万円払うお店はバカじゃね?

そうです。スカウトマンの仕事内容は全く同じです。

  • 時給1000円でも女の子を連れてきます。
  • 年収1000万円でも女の子を連れてきます。

 

当然、お店側からしたら人件費は安いほうが良いです。

つまり、多くの経営者が時給1000円で労働者を雇うのです。

 

しかし、実際にはこれが経営者側の落とし穴でもあるのです。

 

時給1000円の仕事の成果

時給1000円の人の多くは、やらされ仕事です。

誰でも良いから、お店に女の子を紹介します。

 

彼らは、成果ではなく働いた時間に応じた給料を貰うのです。

これが、世間一般的な労働者なのです。

 

年収1000万円の仕事の成果

では、年収1000万円の彼の仕事の成果を見ていきましょう。

 

先ず、心構えが違います。

年収1000万円も手に入る仕事は、やたら滅多にありません。

そこにはお店の支配人との手厚い信頼関係があるのです。

 

その信頼関係を第一に考えて行動します。

つまり、客ウケの良い女の子をお店に紹介するのです。

 

そして、紹介したあとは女の子が仕事を辞めないように、サポート役に徹するのです。

1ヶ月に1回くらい電話して、女の子の愚痴を聞くのが彼の一番の仕事のようです。

 

支配人や仕事仲間には相談出来ないような事でも、立場が違うスカウトマンになら言えるのです。

そして、ただただ聞くだけ。

 

年収1000万円を雇うお店のメリット

お店側が、彼に何故高額報酬を払うのでしょうか?

お店の一番の損失は、『女の子』が辞めることです。

 

お客さんは、お店では無くて女の子に会いにキャバクラ通いをします。

当然ですが、人気な女の子ほど多くのお客さんに囲まれて、お店の売上に貢献するのです。

 

人気が高くなればなるほど、他のお店から引き抜きが入ります。

当然、高待遇で引き抜きが発生すれば、女の子は沢山のお客さんを連れて別のお店に向かうのです。

 

でも、そんな時に女の子に相談役がいたらどうでしょうか?

女の子は、信頼の置けるスカウトマンに絶対に連絡するでしょう。

フローチャートではこうです。

別のお店から引き抜き発生。(また仕事を辞めたい悩み)

スカウトマンに相談

スカウトマンから支配人に連絡

支配人:女の子の待遇見直し

スカウトマン:女の子の説得

 

女の子の仕事の定着率が上がれば、お店側からしたら年間1000万円のスカウトマン兼・諜報要員は安いものなのです。

 

年収1000万円のスカウトマンもラッキーです。

お店側もお客さんの定着率が良く、売上が安定するのでラッキーです。

年収1000万円の裏側には、このようなWIN×WIN関係の元に成り立っているのです。

 

情報収集を甘んじる者は人生の堕落者となる

同じ業界の同じ仕事をしても、受け取る報酬は大きく変わります。

  • 時給1000円で馬車馬のように働き続ける人。
  • 年収1000万円で悠々自適に生きる人

 

この違いは、『情報』です。

時給1000円で働く人は、時給1000円の話しか知らないのです。

アルバイト=時給というのが当たり前だと思っています。

 

では、年収1000万円の人はどうでしょうか?

  • 時給1000円で働く事も知っています。
  • 女の子の紹介1人あたりの成果報酬を貰う事も知っています。
  • 女の子の売上のパーセンテージで報酬を受け取る事も知っています。

 

その中で、自分に一番適した形で報酬を受け取っているのです。

もしかしたら、パーセンテージの報酬は彼が自ら考案し、お店に要求したのかもしれません。

 

どちらにしろ、他のスカウトマンを圧倒するレベルの収入を手に入れているのです。

 

権利収入が彼を大成功に導いた

年収1000万円の彼の凄いところは、権利で報酬を手に入れたという事です。

女の子を紹介すれば、女の子がお店を辞めるまで永遠に収入が入り続けてくるのです。

 

女の子をお店に紹介したという『権利』が『お金』を生み出すのです。

 

普通のサラリーマンからしたら、住む世界が違う話に思ってしまうかもしれません。

確かに、キャバクラのスカウトマンの権利収入は、住む世界が全く違うと思ってしまいますよね。

 

でも、スカウトマンではなく、もう少し広い目で物事をみる事が大切です。

『自分には無理』って思うのではなく、『自分にも出来る事を探す』のです。

 

無理って決めつけたら、思考が停止します。

でも、探せば思考はどこまでも広がっていきます。

 

僕自身も、こうやって趣味でブログを書いていますがそれで収入が発生します。

現時点で1年間放ったらかしだったとしても、直近1年間で1000万円以上は約束されます。

 

また、それ以外にも年間120万円程度の権利収入を構築してたりします。

今からは、異次元に可能性のある権利収入の構築に着手していこうと思います。

 

こちらは、一発一億の大社長からの極秘案件ですので、申し訳ありませんが今すぐにお伝えする事は出来ません。

話が煮詰まって良い感じになったらメルマガでご紹介させて頂きますね!

成人した日本人なら誰でも権利収入を手にする事ができる可能性が存在するみたいです。

 

極秘案件についてご興味があるようでしたら、僕のメルマガに登録してみて下さいね!

メルマガは、以下からご登録頂けます。

メルマガ購読

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©    せど活 , 2018 All Rights Reserved.