メルマガ&LINE@同時登録でプレゼントを手に入れよう!

全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

【無料で学べる!】モノレートマスター養成講座はこちら

 

【せどり実践講座VIP】

 


 


 





転職で年収150万円アップの友人と密会!サラリーマンへの儚い想い

大ちゃん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

僕の友人は、転職をした事によって150万円の年収アップと自由な時間を手に入れました。

僕は、転職した事によって、十分に副業で稼ぐ時間を手に入れました。

 

とある会社に同期で入社して、同じ釜の飯を食って辞めていった2人。

転職をした事によって、人生を激変させた男達が7年振りに再開しました。

 

 

もう古い!『会社を辞める=根性無し』の時代は終わってる!

「会社を辞めると、世間からどう見られるだろう・・・。」

「定年まで働くのが普通なのに、途中で会社を辞めたら根性無しなんじゃないかな。」

「会社を辞めたら、お世話になった人に申し訳ない。」

 

そうやって、みんな自分の気持ちに嘘をついて、そして自分の可能性を台無しにしています。

そして、毎日毎日会社の愚痴を言う。上司が嫌だ、給料が安い・・・

 

でも、考えてみてください!

 

あなたがその会社に就職した理由は何ですか?

 

僕を含む大概の理由は、

「学生時代に何となく決めて何となく就職した」というレベルだと思います。

 

小さい頃から、〇〇になりたい!って言って頑張って夢を叶えた方は少数派です。

それにも関わらず、何となく決めた会社で人生の一番大切な時期を過ごす人が非常に多いです。

 

仕事を通じて、人間的に成長していく人がいる一方、

日々の生活資金のために我慢して働く人もいます。

 

彼らの人生の質は天地の開きが生じてしまうのです。

 

転職して人生を変えるのは頭が良い選択である

今の仕事に満足されている方は、今の仕事を継続するのが良いと思います。

ですので、この記事はご覧頂かなくても大丈夫です。

 

でも、僕も僕の友人も、そしてまだ前職で頑張ってる友人も顔を合わせれば会社の愚痴を言っていました。

給料が安い、労働時間が長い。彼女を作る暇が無い。

 

前職でまだ一生懸命頑張っている人は、やっぱり会社の愚痴が多いです。

5000万円事件の彼も、前職の被害者です。

 

でも、前職を辞めた僕と年収150万円アップの彼は、転職をした事により大きな幸せを手に入れたのです。

最悪の人生が訪れると分かっていれば、事前の一策を打つのは非常に賢い選択肢だと思います。

 

ここが違う!天職自由人と罪職不自由人

天職に転職する人もいます。

在職というなの、罪職者もいます。

 

僕も彼も、転職した事をきっかけに人生を好転させた人間ですので、転職は良い事だと思います。

ただ、全てにおいて転職が良いという訳ではありません。

 

見極めろ!あなたが大切にしている価値観は何ですか?

そう、先ずはあなたが大切にしている価値観を見極める必要があります。

年収150万円アップの彼は、時間拘束が長い前職に耐えかねていました。

週休1日。その他は朝の8時朝礼、深夜23時帰宅というハードスケジュールでした。

 

毎週水曜日の休みにハローワーク通いを1年間続けたそうです。

常にアンテナを張り巡らせていた所、たまたま発見した大企業に転職する事が出来ました。

 

彼は、当時23歳という若さだったという事もあり、条件が良い会社が多かったようです。

そう、彼は天職に転職する事が出来たのです。

 

片や、前職に在職中の友人は愚痴や不平不満のオンパレード。

在職者はまるで罪職者のように生きているのです。

 

ここで、短絡的に転職で年収アップを目指さないようにしましょう!

彼は運よく23歳という若さで転職したので多くの選択肢と大きな可能性がありました。

僕のブログをご覧の方は、年齢的にも23歳を大きく超えていると思います。

 

だから、全ての方の参考になるように切り口を変えてご説明します。

 

時間に重きを置けば年収は最大化する

僕は、自由な時間を求めて転職しました。

前職では多い時には、月に100時間以上残業していました。

 

そして、このまま努力を重ねて重役ポストに抜擢されれば、さらに残業が増えていきます。

そうすれば、さらに自由な時間が無くなってしまいます。

 

当時から僕は副業せどりや情報発信をしていました。

その収入が60万円程度安定的に入り続けていました。

 

この残業時間が無くなれば、収入は爆発的に増えると考えていました。

月収100万円も夢では無いと考えていました。

だから、自由な時間を求めて独立しました。

その時は不安の爆弾が大爆発してしまいました!笑

→無職の不安が大爆発!30歳の転職活動、第二次副業サラリーマンへ

 

なんだかんだで転職しましたが、楽そうな仕事を選んだので当然ですが給料は低いです。

でも、給料が低くても良いんです。ありがたい事に副収入がサラリーマンを大きく超えていました。

サラリーマンとして働く時間が減ったから、結果的に大きく収入が増えました。

 

サラリーマンの収入には上限がありますが、副業の収入には上限がありません。

僕レベルでも、多い時にはたった1ヶ月で1000万円以上稼ぐ時もあります。

それが副業であれ、全然余裕で稼げるのです。

 

僕は、副業を実践するための時間に重きを置きました。

サラリーマンの収入は保険です。僕の心の安心材料の1つです。

だから、家族が生きていく最低限の収入が入れば良いと思ってますので、定時でスパッと帰ります。

 

そして、その後は人生を変えるための副業を行なっています。

サラリーマンで最低限のリスクヘッジを行い、そして人生を変える為の時間を最大化します。

そうすれば、必ず人生を変える事が出来るのです。

 

サラリーマン一本じゃ人生は何も変わらない

人は、みんな自分の人生に満足していません。

少しでも良い人生を望んでいるのです。

だから、人生を変えるために一生懸命頑張るのです。

 

でも、多くの人が頑張る対象を間違えています。

サラリーマンではどれだけ頑張っても人生は変わりません。

 

係長になって、課長になって、部長になって、役員になって・・・

運良く出世出来れば収入は確実に上がりますが、同時に会社への依存度が上がります。

常に目上の人にヘコヘコする必要がありますし、大きな責任が付いてきます。

 

ただ、前の会社の上司も今の会社の上司も、あんまりお金を持っていません。

そして、何より毎日残業で忙しそうです。

 

僕の目指すべき理想の人生像から大きく外れていますので、一生懸命頑張ったとしても頑張り損をしてしまう可能性が非常に高いです。

あなたの上司を見て、理想の人生像で無ければ、出世する事によって幸せになる事は不可能です。

 

だから副収入を手に入れるのです。

サラリーマンで月収10万円アップは非常に大変ですが、副業なら年収10万円アップは簡単です。

サラリーマンで年収1000万円は神の領域ですが、サラリーマン+副業なら年収1000万円も可能になります。

 

人生を変えるために、僕らは副業で稼ぐのです。

 

一歩先に進む勇気を!

みんな人生を変えたいと思っていますが、行動する人はほんの一握りです。

僕自身も、給料が安い会社に就職してしまったがために、転職をして人生を変えたいと何度も思っていました。

最初に思ったのは、22歳のだった気がします。

 

でも、2年間は転職したいと思っても何も行動しなかったのです。

現状を変える勇気が僕にはありませんでした。

 

しかし、友人にネットワークビジネスに誘われて、初めて人生が変わる可能性を見出しました。

振り絞った勇気は、こちらの記事で解説しています。

→金持ち父さん貧乏父さんでマルチという奈落の底から生還した男の物語

 

最初の一歩は重くて重くて、全然前に進みませんでした。

でも、少しずつそして確実に歩みを進めていくと、徐々に人生が変わっていきました。

 

行動を続ければ、必ず人生を変える事が出来るって思いました。

多くの人が普通の人生に甘んじているのは、勇気を持って行動しないからです。

 

もしも、あなたが人生を変えたいと思ってらっしゃるのであれば、一歩だけ前に進む所から始めてみましょう!

すでに一歩進んでいる方は、もう一歩、もう一歩とどこまでも進んでいきましょう!

 

時には立ち止まってみても良いと思います。

振り返ったら、少しずつ人生が変わっていっているのに気付くはずです。

そして、また歩みを進めていくのです。

 

歩けば歩くほど、人生は必ず変わっていくのです。

足踏みしてても靴底はすり減っていきます。

だったら、歩いてすり減らしたいですね!

 

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です