メルマガ&LINE@同時登録でプレゼント!

全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

【有在庫転売と無在庫転売】せどり初心者はどちらの販売方法を行うべきか徹底解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

せどりを始めるのに、無在庫転売の方がリスクが少なくて良いのかなぁ。それとも、実際に商品を仕入れた方が簡単なのかなぁ。

悩めるゆうくん

こんにちは、大ちゃんです。

転売には、在庫を持つか持たないかによって、大きく分けて以下の2種類の手法があります。

せどり転売の手法

大きく分けると、以下の2種類になります。

  • 先に商品を仕入れて販売する有在庫転売
  • 注文が入った後に商品を仕入れる無在庫転売

有在庫転売と無在庫転売にはそれぞれにメリットとデメリットがあるので、せどり初心者の方はどちらの販売方法選ぶべきか悩んでしまうことだと思います。

この記事では、有在庫転売と無在庫転売に関するメリットとデメリットを比較し、副業せどりを今から始める初心者さんに最良の方法をご提案します。

有在庫転売とは?どんな販売方法なのかな?

有在庫転売とは

まずは有在庫転売とは何なのかを知る事がスタートラインなのです。

有在庫転売は、商品を仕入れてから販売する手法になりますので、『仕入れが先』というイメージを持っておきましょう。

つまり、以下のような流れになります。

有在庫転売の流れ
  1. ネットや実店舗から商品を仕入れる
  2. 仕入れた商品に注文が入る
  3. 購入者へ発送する

最初に商品を仕入れてから販売するのは、一般的な販売の流れになります。

有在庫転売に存在するメリットとデメリットを解説

有在庫転売のメリット・デメリット

次に、有在庫転売のメリットとデメリットについて解説していきます。

稀にメリットだけを見て情熱的にスタートする人がいますが、予想外のデメリットで挫折してしまうケースがありますので両側面から見ることは非常に大切です。

有在庫転売の4つのメリット

店舗などで商品を買って販売する『有在庫転売』のメリットには以下の4つがあります。

【1】全てのプラットフォームで認められている手法なので安心

商品を仕入れてから販売する手法は最も一般的で、Amazonやメルカリなどの全てのプラットフォームで認められています。

というより、在庫があるのに販売できないとなると「どうやって販売すれば良いんだ?」というレベルだと思います。

ですので、規約違反の対象になりませんので、安心して行える転売手法だと言えます。

【2】検品や在庫数チェックが確実にできる

仕入れた商品を自分の目でしっかり検品できますので、副業せどりを今から始める初心者さんにも安全な転売手法です。

在庫があれば、『物販をやっている』というビジネスの自覚も生まれるようになります。

また、手元に商品があるため容易にコンディションチェックも可能ですし、在庫数も把握しやすいと言えるでしょう。

【3】商品が売れやすい

購入者は商品が1日でも早く届く出品者から購入します。

Point

あなたは、以下のどちらの商品を購入するかを考えれば答えが見えてきます。

  • 注文後すぐに手元に届く有在庫商品
  • 注文して1ヶ月後に手元に届く無在庫商品

有在庫転売ではすでに仕入れ済みの商品を出荷するだけなので、無在庫転売よりも迅速に発送できます。

そのため、同じ土俵で有在庫商品と無在庫商品があれば、必ず有在庫商品の方が売れるというメリットがあります。

【4】利益率が高い

有在庫転売では、ロット単位で一括購入したり、送料無料になるようにまとめて購入したりする事が可能です。

そのため仕入れ単価が安くなり、利益率が高くなるというメリットがあります。

また、利益率の高い商品も比較的すぐに売れるので、販売価格の予測を見込みやすい特徴があります。

有在庫転売の3つのデメリット

次に、有在庫転売の3つのデメリットを紹介します。

メリットばかりに目を向けずに、デメリットも確認してからスタートする事が大切です。

【1】仕入れミスによる失敗のリスクがある

有在庫転売では先に商品を仕入れるため、副業せどり初心者さんは仕入れミスによる失敗が必ず発生します。

もしも、仕入れに自信がない場合は、仕入れ資金の少ない商品や不用品販売から安全にスタートするようにしましょう!

仕入れミスをしても致命傷にならない範囲で始める事が大切です。

【2】最初にある程度の資金が必要

先に商品を仕入れるため、5~10万円程度の初期資金が必要になります。

ただ、現時点で仕入れ資金がないからと言って嘆く必要は全くありません。

不用品販売や、ポイントサイトをうまく利用すれば、せどりに必要な初期資金を準備できるでしょう。

Point

【3】在庫の保管場所が必要

有在庫転売では商品を仕入れて販売するため、在庫商品の保管場所が必要になります。

Amazonで販売する場合は、FBAという発送代行サービスを使うことで在庫を保管する必要がないと言われていますが、AmazonのFBAに発送するまでは家の中が在庫の山になります。

有在庫転売を実践するのであれば、ある程度は商品の置き場と出品するためのスペースが必要になります。

Point

AmazonのFBAを使わない場合は、商品が売れるまで自宅保管が必要になります。

家の中に商品を置くスペースが少ない場合は、AmazonのFBAを使いましょう!

ちなみに、現時点で小口出品者の場合は、小口から大口に変更する方法を実践すればFBAサービスの利用が可能です。

無在庫転売とは?どんな販売方法?

無在庫転売ってどんな手法?

無在庫転売とは、注文が入ってから商品を仕入れる手法です。

無在庫転売の流れ

出品登録から発送までの流れは以下のようになります。

  1. 数千点の膨大な商品数を出品登録する
  2. 購入者から注文が入ったら発注
  3. 仕入れ先から購入者へ商品を直送

無在庫転売の場合、まずは商品を手当たり次第に大量出品します。

無在庫転売は利益率が低くて売れにくいため、とにかく大量に出品しなければ話にならないのです。

無在庫転売に関するメリットとデメリットを解説

無在庫転売のメリット・デメリット

それでは次に、無在庫転売に関するメリットとデメリットを解説します。

まずはメリットの方からお話しします。

無在庫転売の3つのメリット

無在庫転売のメリットは、以下の3つになります。

【1】不良在庫のリスクがない

注文が入った商品を仕入れるため、売れ残りによる不良在庫のリスクがありません。

売れ残りによる不良在庫のリスクがないことは、無在庫転売の最も大きなメリットだと言えます。

【2】小資金から始める事ができる

商品が売れてから仕入れれば良いので、大量仕入れの必要もなく資金が少なくて済みます。

Amazonやメルカリなどで販売する場合の手数料も、月額制ではないのでそういった面でも安心です。

月額制の有料ツールを使わなければ、商品が売れるまでは1円もお金がかかりません。

【3】商品を保管するための場所が必要ない

在庫を持たないため、商品の保管場所は不要です。

AmazonのFBAを使う場合でも、FBAに納品するまでは一時的に在庫を家で保管する必要があります。

無在庫転売であれば、その必要もないので在宅ベースで取り組める理想的な転売になります。

無在庫転売の6つのデメリット

無在庫転売のメリットを見れば、今すぐ始めたくなったかもしれません。

しかしながら、無在庫転売は究極のメリットさえも霞んでしまうレベルの6つのデメリットが存在します。

あなたが実際に無在庫転売に興味関心があるのであれば、リスク回避のために必ずチェックしておきましょう!

【1】規約違反なのでアカウントの停止や削除の危険性がある

ほとんどのプラットフォームでは無在庫転売が規約で禁止されているため、アカウントの停止や削除の危険性があります。

アカウントは、転売で稼ぐための生命線ですので、停止や削除の危険性は無在庫転売の最も大きなデメリットです。

【2】クレームが多くなりやすい

無在庫転売は、購入者からのクレームを受けやすいと転売手法になります。

クレームに発展する5つの理由
  1. 注文が入った商品が、在庫切れになっていることがある
  2. 受注があってから発注するため、商品の到着が遅れやすい
  3. 仕入れ先の納品書が同梱される可能性がある
  4. 仕入れ先の箱で商品が届けられる
  5. 検品できないため不良品が届く可能性がある

これらのクレームは、もちろん低評価にもつながります。

低評価が多くなると、アカウント停止に陥る危険性もあるので十分注意が必要です。

【3】大量の商品を登録しなければ話にならない

数千種類の商品を登録するという膨大な作業が必要になります。

僕も友人は4,000種類の商品を頑張って登録したにも関わらず、収入は月に5万円にも満たないと嘆いていました。

また、一気に商品を登録することによって、Amazonやメルカリなどのプラットフォームから無在庫転売を疑いの目を向けられる危険性もあります。

【4】売れるスピードが遅い

これは、有在庫転売のメリットに逆になります。

Point

あなたは、以下のどちらの商品を購入するかを考えれば答えが見えてきます。

  • 注文後すぐに手元に届く有在庫商品
  • 注文して1ヶ月後に手元に届く無在庫商品

有在庫商品と無在庫商品が並んで販売されていれば、当然ながら買い手は有在庫商品を注文します。

また、発送が遅れるようであれば店舗や他のネットショップで購入される確率が高いので売れ行きは悪いです。

【5】商品管理や注文管理が大変

手元に商品が無いため、仕入れ先の在庫の有無に神経を配る必要があります。

また、売れたら即発注しないといけないため、常に注文に注意していなくてはなりません。

【6】利益率が低い

有在庫転売は、まとめて購入することで1個あたりの送料を安くしたり、店舗の送料基準を満たせば無料になる事もあります。

しかし無在庫転売は注文単位の発注になるため、まとめ購入が出来ません。

そのため、有在庫転売に比べて利益率が低くなるでしょう。

有在庫転売と無在庫転売の特徴を比較

有在庫転売と無在庫転売の比較

有在庫転売と無在庫転売に関するメリットとデメリットを元に、それぞれの特徴を比較したのが、下の表になります。

無在庫転売 有在庫転売
不良在庫の可能性
アカウントの停止や削除の危険性
購入者からのクレーム

無在庫転売は、アカウントの停止や削除の可能性があることと、購入者からのクレームが多いデメリットが存在します。

反面、不良在庫の可能性がないことがメリットになります。

また、有在庫転売のデメリットは、不良在庫の可能性があることです。

反面、アカウント停止や削除の可能性が少ないことや、購入者からのクレームは少ないのがメリットになるでしょう。

無在庫転売はリスクが大きすぎる

危険すぎる無在庫転売のリスク

無在庫転売を実践する上で絶対に犯したくないリスクとして、アカウント停止や削除があります。

そもそも、無在庫で販売すること自体が規約違反だからです。

規約で禁じられている販売手法を行うのは非常に危険であり、今はすり抜けることができていても、いつまで継続できるかは不明だと言えます。

もし運営側に無在庫転売がバレて、最悪の場合アカウントが削除されてしまったら、まず復活はできません。

何千点もの商品を登録した苦労も水の泡になり、売上の入金はいつになるか分かりませんし、仕入れ先への支払いもできない状況になるかも知れません。

Point

無在庫転売はあまりにもリスクが大きすぎる販売手法だと言えます。

特に初心者の方にはおすすめできません。

無在庫転売のリスクに関しては、こちらの記事で更に詳しく解説しています。

無在庫転売に興味関心がある場合は、リスクを避けるために必ずチェックしておきましょう!

→【初心者注意】無在庫転売の10のリスク(デメリット)を徹底解説!!

有在庫転売のリスクは回避が可能

有在庫転売のリスク回避

無在庫転売のリスクは大きすぎるとお伝えしました。

もちろん、有在庫転売にも不良在庫の出る可能性があるというリスクが存在します。

しかし、せどり転売を正しく学び、Keepaなどのツールを使うことで不良在庫によるリスクは十分回避可能です。

Point

Keepaを使用することで、商品に関する多くの情報を手に入れる事が出来るのです。

  • 過去の売行き
  • 出品者の増減
  • 他の出品者の在庫数
  • 販売価格の推移

これらの情報をしっかりと読み解き、的確に仕入れることで、商品は順調に売れていきます。

せどりは有在庫転売で行いましょう。正しく学んで実践すれば、利益は必ず膨らんでいきます。

まとめ

在庫を持たずに販売する無在庫転売は一見魅力的な手法に思えますが、リスクが大きすぎることがお分かりいただけたでしょうか。

規約違反を犯してアカウント停止や削除に追い込まれたら、元も子もありません。

長期的に稼ぐために大切な事

せどりで長期的に稼ぐためには、プラットフォームの規約を守って正々堂々と行うことが最も大切です。

危ない橋を渡ると、それまで培ってきたものが一瞬にして崩れ去ってしまうリスクが発生します。

有在庫転売のように、健全に利益を出す方法を実践することが大切です。

健全に利益を出すためには、Keepaの見方が非常に大切になってきます。

初心者さんが失敗する一番の原因はKeepaの読み違えによるミスである事が大半です。

失敗を避けて、せどりでしっかりと利益を出すためにKeepaの見方をマスターしておきましょう!

Point

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

それでは、失礼します。

この記事を書いている人 - WRITER -
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりの大ちゃん『せど活』ブログ , 2021 All Rights Reserved.