メルマガ&LINE@同時登録でプレゼントを手に入れよう!

全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

【無料で学べる!】モノレートマスター養成講座はこちら

無意味なエクセル管理は今すぐ辞めろ!せどり売上管理表の新常識

大ちゃん
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、大ちゃんです。

 

あなたは、エクセルで利益管理をしているのでしょうか?

それとも、ツールを使って利益管理をしているのでしょうか?

 

勘違いしている人が多いのですが、1商品1商品の利益の管理は意味がありません。

これは、ただの時間の無駄なのです。

 

そうかと言って、全体の利益だけを追求するのもナンセンスです。

今回は、ポイントを抑えた効果的な利益管理方法をお話ししようと思います。

 

無駄な作業は一切省いて、効率よく稼いでいきましょう!

 

 

目的を見失わないで!本当に大切な利益管理とは?

一番大切な事を最初に言います。

僕たち起業家の利益管理で大切なことは2つあります。

  1. 全体の総利益
  2. 想定外の損失

これさえ把握しておけば、利益管理は全てOKです。

 

これだけでは、何のことか全く意味が分からないと思いますので、詳しく解説していきます。

効率的に稼ぐ上ではとても大切なことですので、しっかりと覚えておきましょう!

 

【1】全体の総利益とは?

こちらは、文字の通り『せどりを初めてから今までの総利益』という事になります。

ここで大切なことは、全体を見て黒字ならOKという事です。

それ以上の深追いは厳禁です。

 

その上で、『月ごとの利益』も把握しておくと更に良いです。

ただ、赤字だったからダメ、黒字だったから良いという話ではありません。

 

せどりをやってたら、

爆裂仕入れられた月は、仕入れ資金が多いので赤字になる事もあります。

逆に仕入れなかった月は、売れた商品が多いので物凄い黒字になります。

 

ですので、月々の利益を管理しながらも総利益に目を向けるのです。

以下は、1月〜6月の利益のサンプルです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
月利益 30万円 ー20万円 40万円 10万円 ー10万円 50万円
総利益 30万円 10万円 50万円 60万円 50万円 100万円 

 

上記表を見れば、月々の利益が赤字の時もありますが全体的に右肩上がりです。

こういうように、月が経つごとに右肩上がりが継続すれば事業として成功を意味しています。

 

単月の赤字なら気にする必要はあまり無いという事です。

ただ、よほどの理由が無い限りは2ヶ月以上連続で赤字になる事はあり得ません。

2ヶ月連続赤字計上になった時には見直す必要があります。

 

ここだけしっかりと抑えておけば、事業を軌道に乗せる事は容易いでしょう!

 

【2】想定外の損失とは?

僕らは事業としてせどりをやっている以上は、利益に目を向けると同時に損失にも目を向ける必要があります。

事業は、『攻めながら守る』を徹底する必要があります。

 

つまり、攻め一辺倒で守りを疎かにすれば、そこから転落する可能性が出てくるのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

それは、『想定外の損失に目を向ける』事です。

ここでいう想定外の損失とは、『あなたが利益が出ると思ってたけど赤字になった』事を意味します。

 

先ほどの月間赤字もその1つです。

単純な仕入れ過ぎで赤字になったのであれば全然問題ありません。

しかし理由無くして赤字になったのであれば要注意という事です。

 

それともう1つ着目しておくべき大切な場所があります。

それが、『赤字になってしまった商品』です。

 

仕入れ段階で赤字商品を買う人なんて絶対にいません。

稼げると思ったから買ったわけです。それが赤字になっていたら想定外だという事です。

 

赤字になった原因を特定しておかなかれば、また同じミスをしてしまいます。

失敗があれば原因を究明して対策を講じる必要があるのです。

 

そういう意味でも赤字商品をを把握しておく事は非常に大切なのです。

 

効率追求家が行う至高の利益管理術

僕は、何をやるにしてもとことん効率化に拘ります。

無駄な作業で時間を浪費するのが大っ嫌いです。

 

上記のポイントをしっかりと踏まえて、効率型利益管理術をご紹介します。

 

経費はクレジットカードで管理する

先ず利益管理で一番大切な事は、『総利益の管理』です。

これは、以下の計算式で導き出すことが出来ます。

 

【Amazonの入金額ーせどり経費】

 

つまり、せどりに使った経費を把握しておけば総利益を管理する事が出来るのです。

それに最適なのが『クレジットカード管理』になります。

せどりで大活躍のクレジットカードランキングはこちら

→真骨頂!クレジットカード戦略で生涯収入爆上げだ!!せどり・転売編

 

せどりに使った経費を全てクレジットカードで支払っておけば、簡単に経費をチェックする事が可能です。

1ヶ月に1回で良いので、利用額の照会をしておきましょう!

 

簡単に利益を導き出す事が出来るようになります。

 

商品ごとの利益はSKUで管理する

商品ごとの利益をエクセルで管理している方もいらっしゃいます。

これは、面倒ですので今すぐ辞めましょう!

 

商品ごとの管理で大切な事は

  • 売れ行きが悪い商品を把握して改善する事
  • 赤字になった商品を把握して改善する事

になります。

 

これはエクセルよりも、SKUで管理した方が100倍簡単です。

  • 出品日を記入する事で売れるまでの日数が把握できる
  • 仕入原価を記入する事で商品ごとの利益を把握できる。

という事です。

 

具体的には、

180401-001-10800】というSKUを設定しておけば

  • 2018年4月1日出品
  • 管理番号001
  • ヤマダ電機で10800円仕入れ

※Amazonでは1商品1SKUですので、SKUが被らないように管理番号をつけるのが一般的です。

 

商品が売れた時に、出品日と仕入れ価格をチラッと確認しましょう!

ほぼほぼ想定内での販売であれば、素直に喜んでおきましょう!

『想定外の損失』だった場合には、原因究明を行って次に繋げましょう!

 

たったこれだけの管理でOKです。

面倒なことは一切無く、とても簡単に管理する事が出来ますね!

 

見極めろ!その利益管理は本当に必要なの?

ここで、1つずつの商品の利益管理をエクセルに記録しておこうとする人がいます。

果たして、それは本当に意味があるのでしょうか?

簡易的に作成した以下の記録を例に解説します。

せどりエクセル管理

 

このように、商品1つずつの実績を残す事に充実感を覚える方もいらっしゃいます。

ここで良く考えてみてください。

 

「管理する事でのメリットはありますか?」

「管理した物を見返して役立った事はありますか?」

 

多くの方は、管理をする事で満足するだけです。

つまり、全く生産性がない無駄な事に時間を費やしているという事です。

 

こうハッキリ言えるのも、僕も昔エクセル管理をしていたからです。

エクセルで利益管理をする事で、満足感でいっぱいになりましたが何の結果にも結びつきませんでした。

そのうち、無意味な事に気付きSKUのみで管理するようにしました。

 

全体の利益を把握して、予想外の損失を被った原因を徹底的に究明しました。

その結果、だらだらエクセル管理をしていた時よりも圧倒的に稼げるようになりました。

 

不要なものを徹底的に省き、必要な事に時間を回せば自ずと利益が増えていくという事です。

 

日進月歩で一流せどらーへ

せどりで稼ぐために大切なことは、利益を追求することです。

日進月歩で稼げる金額を増やしていく事にこそ大きな価値があるのです。

 

そのためには、総利益の管理(毎月の利益管理)を徹底することは非常に大切です。

それに合わせて、想定外の損失の原因究明をする事も非常に大切です。

 

赤字の商品の原因を特定する事が出来れば、同じ赤字を繰り返さずに済みます。

赤字の原因を1つずつ見極める事で、赤字になる確率が大きく減るのです。

 

ミスが減るということは、成功の確率が増えるということです。

少しずつ、せどりの稼ぎ方を極める事によって利益が大きく増えていくようになります。

 

一歩ずつ確実にプロせどらーの領域へ歩みを進めていきましょう!

あなたの人生は大きく変わっていく事でしょう!

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
大ちゃん
副業で会社の社長の給料を完全に超えても、サラリーマンを続けている人。独立するよりも自由なサラリーマン仲間と共に、非現実的なサラリーマンライフを満喫中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりの大ちゃんの『せど活』 , 2018 All Rights Reserved.