メルマガ&LINE@同時登録でプレゼント!

全ての不満を希望に変えよう!今があなたの人生を変える出発点

Amazonカテゴリー手数料を初心者にもわかりやすく解説【利益最大化の必須項目】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【大ちゃん監修】大ちゃんJr.が書いた記事になります。基本的せどりスキルを学び、一人前のせどらーになる為に必要な情報を公開しています。
詳しいプロフィールはこちら

Amazonせどりって、カテゴリー手数料が重要っていうけど、なんなんだろう。

せどり初心者の自分にも分かりやすく教えてくれる人っていないかなぁ。

ゆうくん

Amazonで商品を販売させてもらうお礼に、僕らはAmazonに手数料という名のお金を払わないといけません。

この手数料の中でも、最も大きな位置をしめる、カテゴリー手数料について今回はお話しさせて頂きます。

この記事で分かる事
  1. 最も高い手数料を誇るカテゴリー手数料の正体
  2. 瞬時にカテゴリー手数料を算出する方法と注意点
  3. Amazonカテゴリー手数料と利益率の関係

以上について、せどり初心者さんにもわかりやすく丁寧にお伝えさせて頂きます。

Amazonせどりで確実に稼ぐには、カテゴリー手数料の理解が必須です。

確実に利益を出せるせどらーになるためにも、最後までご覧頂けたらと思います。

Amazonせどりに重要な『カテゴリー手数料』とは?

アマゾン(Amazon)せどりに重要な『カテゴリー手数料』とは?

Amazonで商品が売れた時の手数料の1つに『カテゴリー手数料』というものがあります。

下は、Amazonカテゴリー手数料を表に示したものになります。

カテゴリー カテゴリー手数料
カメラ、楽器、大型家電、パソコン・周辺機器など 8%
スポーツ・アウトドア、おもちゃ・ホビー、車・バイク用品など 10%
靴・バッグ、DIY・工具、服・ファッション小物、本・CD・DVD・ビデオなど 15%

参考:Amazon出品サービスの手数料

パソコン周辺機器や大型家電は8%とカテゴリー手数料が安めですが、本やCDなどのメディア関連やファッション関連は手数料が高くなっていますね。

商品のリサーチ時にはカテゴリー手数料がとても重要ですが、一回一回計算していたのでは効率が悪くなります

ということで、リサーチ時にFBA料金シミュレーターという圧倒的に優れた無料ツールを使ってカテゴリー手数料を確認する方法をお伝えしましょう。

FBA料金シミュレーターを使えばAmazonのカテゴリー手数料が筒抜けになる

FBA料金シミュレーターを使えばAmazon(Amazon)のカテゴリー手数料が筒抜けになる

Amazonは商品を販売した際に手数料が

FBA料金シミュレーターを使うことで、Amazon販売した商品が売れた時にいくらの利益が出るのか、瞬時に算出してくれる優秀なツールになります。

FBA料金シミュレーターの説明

赤く囲った『Amazon出品サービスの手数料』がカテゴリー手数料を意味します。

呼び方が少し紛らわしいので、他の手数料と混同しないよう注意しましょう。

アマゾン(Amazon)の出品サービスの手数料の説明
引用元:https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

今回算出したCANONのプリンターは手数料が8%の激アツジャンルですので、手数料は『12,799*0.08=1,024円』になります。

FBA料金シミュレーターを使えば、電卓や暗算などでカテゴリー手数料を算出する必要性が綺麗さっぱり消え去ります。

Amazonせどりは『カテゴリー手数料』が利益率に大きく関わる

アマゾン(Amazon)ののカテゴリー手数料は利益率に大きく関わる

Amazonせどりで見て見ぬふりが出来ない『カテゴリー手数料』は以下になります。

カテゴリー手数料 8%ジャンル 10%ジャンル 15%ジャンル
1万円販売時の手数料 800円 1,000円 1,500円

例えば、古本せどりを実践した場合のカテゴリー手数料は15%です。

10,000円分の商品を仕入れて転売した場合は、1,500円もの手数料が発生します。

もし利益が3,000円あったとしても、カテゴリー手数料を差し引くと、半分の1,500円になってしまいます。

Amazonせどりでは、可能な限りカテゴリー手数料が安い商品を販売した方が利益を出しやすいと言えるでしょう。

手数料が安いおすすめジャンル
  • 家電
  • パソコン周辺機器
  • ドラッグストア
  • ビューティー
  • TVゲーム(ゲーム機本体)

他にもありますが、上記のようなジャンルだとカテゴリー手数料が比較的安く、8~10%になります。

カテゴリー手数料は利益に密接に関わってきますので、要注意です。

カテゴリー手数料を攻略して、利益率の高いAmazonせどりを実践するためにも、以下の記事をチェックしておきましょう!

→計算したからこそ見えてきた、お得に稼げるジャンルをこっそり公開します

要注意!『カテゴリー手数料』以外にもAmazonの手数料は存在する

要注意!『カテゴリー手数料』以外にもアマゾン(Amazon)の手数料は存在する

Amazonで手数料が発生するのは、カテゴリー手数料以外にも、在庫保管手数料や出荷手数料がかかってきます。

さらに、小口出品の場合は商品が売れた際に1商品につき100円かかるので、注意が必要です。

商品リサーチ時には以上の手数料をFBA料金シミュレーターを使って必ずチェックしましょう

リサーチに慣れてくると、一回一回FBA料金シミュレーターを使わなくても大体の利益率がつかめてきますが、初心者のうちは面倒でもFBA料金シミュレーターで正しく算出することが大切です。

FBA料金シミュレーターは、せどりの生命線です。赤字商品を仕入れないためにも手数料の確認は必ずチェックしておきましょう。

→Amazonの手数料が丸わかり!FBA料金シュミレーター裏マニュアル講座

まとめ

Amazonは手数料が高い」と、よく耳にしますが、実際にせどりを行ってみると一番売れるのはやはりAmazonです

FBA出品を利用すると特に手数料が高くなるのは事実ですが、Amazonで出品するならFBAを使わない手はないと言えます。

ワンポイント

AmazonのFBAを使うためには以下の手順で大口登録が必要です。

→小口から大口へ変更!Amazon最強のFBAを効果的に活用して猛烈に稼ぎ倒す方法

大口出品のFBAを利用する事で、購入者とのやり取りや出荷作業が不要になるため、最も大切な商品リサーチと仕入れに集中する事が可能になります。

AmazonでFBAを使って出品・販売を行うことで得られるメリットは、手数料の高さを天秤にかけたとしても、なお上回っていると言えるでしょう。

重要ポイント

手数料の高いAmazonで、いかに手数料を安く抑えて利益を大きく取るかは、せどらーの実力次第です。

カテゴリー手数料をはじめとするAmazon手数料の仕組みをきちんと理解して、最大限に利益を取れるせどらーを目指しましょう!

今回は以上です。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
【大ちゃん監修】大ちゃんJr.が書いた記事になります。基本的せどりスキルを学び、一人前のせどらーになる為に必要な情報を公開しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりの大ちゃん『せど活』ブログ , 2021 All Rights Reserved.